ライター斎藤博之の仕事

このウェブログは、フリーランス・ルポライター斎藤博之が地域限定の新聞・雑誌または非売品の媒体などに執筆した文章を、広くお読みいただくために、公開することを目的にしています。
斎藤博之は、祭りや民俗芸能・食文化・温泉文化・地域の社会史・地域づくりについて執筆しています。
<< 秘密保護法の強行採決を許すな! | main | 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

sequel
| スポンサードリンク | - | | - | - |
歴史も伝統も学ばない靖国参拝という行為

靖国神社は、この国の伝統的な葬送観念や御霊信仰に即して、戦歿者を祀っているわけではない。戦に敗れた者や虐殺された者を祀らないという意味で、靖国神社はこの国の民俗信仰からみれば異質で、特殊近代的な神社だ。一般の庶民が靖国神社を参拝することには身近な戦歿者を悼み・遺された者の心を癒すという意味があるとしても、政治家が靖国神社に参拝することは単純に戦歿者を悼むということではありえない。靖国神社が戦に敗れた者や虐殺された者をも祀る場所ではないからである。靖国神社に参拝しようとする政治家は、歴史や伝統に何も学ばないという理由で、侵略を受けた側の御霊(みたま)を鎮めることが出来ないだけではなく、戦に駆り出され亡くなっていった者たちの魂を愚弄することになる。

sequel

合衆国が「失望」した理由
〜「説明」すれば「誤解」は解けるのか〜

この国の内閣総理大臣である安倍晋三は、2013年12月26日、靖国神社を参拝した。そのことの是非はあとで問うことにして、本論に入る前の余談として、まずはアメリカ合衆国政府の反応を見ておくことにしよう。
−安倍晋三(Shinzo Abe)首相が26日午前に靖国神社(Yasukuni Shrine)を参拝したことについて、在日米国大使館は同日午後、「米国は失望している」とする声明を発表した。−(AFP
合衆国政府の反応はこれにとどまらない。
−安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、米国務省は26日、「失望した」とのサキ報道官声明を発表した。在日米大使館声明と同じ内容だが、大使館声明にとどまらなかったことで、米政府の姿勢がより明確になった形だ。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に向けた同県の埋め立て承認に関し、27日に予定していた小野寺五典防衛相とヘーゲル国防長官の電話協議も延期されるなど、首相参拝の影響はさらに深刻化している。−(毎日新聞の記事をYahooニュースから孫引き
−同盟国指導者の政治的行動に対し、米政府が踏み込んだ形で懸念を表明するのは異例。「アジア重視」戦略を掲げるオバマ政権は安倍氏の靖国参拝回避に向け、水面下で働き掛けてきた経緯があるだけに、事実上の批判声明といえそうだ。−(共同通信の配信を産経新聞から孫引き

合衆国政府が「失望」したことが妥当かどうかは、ここでは問題ではない。注目したいのは、安倍晋三という人物の外交的なセンスである。
−安倍首相はこの日午後、自民党のインターネット番組に出演。「米国で誤解が増幅されている。この機にしっかり説明し、誤解を解いていく」と述べたという。−(共同通信の配信をロイターから孫引き
合衆国政府は、靖国神社を参拝した安倍晋三の真意などは問題にしていない。オバマ政権が「失望」したのは、安倍晋三の行為の結果もたらされる(またはもたらされるであろう)東アジア各国(とくに中国と韓国)の日本への批判が、合衆国政府のアジア外交の戦略の障害となるであろうと予測されるということなのだ。ある行為の是非は、その行為の結果が自分にとって利益をもたらすかどうかで判断する、いかにも合衆国らしい功利主義的な考え方だ。
ほんとうに「説明」すれば「誤解」は解けると思っているとすれば、そのことじたいがこの人物に外交は出来ないということを証明している。
安倍晋三は、玉串料を私費で支払い、二礼二拍手一礼という神道の参拝形式によらず、たんに一礼しただけだから、内閣総理大臣の公式参拝ではなく、他国に批判を受けることはないと考えているようだが、「内閣総理大臣」という肩書きを添えて記帳したうえに、昇殿して拝んだわけだから、それがたんなる一個人による追悼であろうはずはなく、詭弁である。詭弁を弄する者の「真意」など、他国の人に伝わるわけがなかろう。

ノイエ・ヴァッヘ
〜罪なくして犠牲になった者を悼む〜

毎日新聞の報道によれば、靖国神社を参拝したあとで、安倍晋三は記者団に「二度と戦争の惨禍に人々が苦しむことがない時代をつくる決意を伝えた」と語り、「中韓の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない」と強調した。安倍晋三にそのつもりがなくとも、日本国の内閣総理大臣が靖国神社へ参拝したことが、中国と韓国の人びとを大いに憤慨させることになった。そのことに気がついていないというならば、その鈍感さと傲慢さに驚かざるを得ないが、一国の総理大臣が近隣の諸外国との関係で空気が読めないとなれば、鈍感で済まされることではない。
「母を残し、愛する妻や子を残し、戦場で散った英霊のご冥福をお祈りし、そしてリーダーとして手を合わせる。このことは世界共通のリーダーの姿勢」(毎日新聞)だというのがこの人の主張なので、たとえば同じく第二次世界大戦の敗戦国であるドイツの「ノイエ・ヴァッヘ」 Neue Wacheをみてみよう。
ノイエ・ヴァッヘはドイツの首都ベルリンにある石造建築物で、もともとは1816年にプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世が衛兵所として建てさせたものだ。東西のドイツが統合されたのちの1993年、内閣の閣議決定によりこの建物をドイツ連邦共和国の「戦争と暴力支配の犠牲者のための国立中央追悼施設」(Neue Wache als zentrale Gedenkstätte der Bundesrepublik Deutschland für die Opfer des Krieges und der Gewaltherrschaft)として改装し、爾来「国民哀悼の日」の式典会場となっている。追悼の対象となっているのは、第一次世界大戦以後の「戦争と暴力支配」によって「罪なくして犠牲になった者」のすべてで、軍人・民間人の別、国籍・宗教の別、地域的な限定はない。戦没兵士や空襲の犠牲者だけではなく、一般市民の犠牲者をはじめ、ドイツと戦ったすべての国の犠牲者(兵士であるか民間人であるかを問わない)、ナチス・ドイツに虐殺されたユダヤ人・ロマ・同性愛者、ナチスに抵抗して死んだ軍人や民間人などを含む。「罪ある加害者」は「罪なくして犠牲になった者」には含まれない。この「罪ある加害者」とは、裁判によって「戦争犯罪人」として有罪判決を受けた者を指しているのではなく、一般的抽象的に「罪を犯した」と考えられる人のことであって、死者の尊厳を護るという意味から個別具体的な特定の故人について追悼対象に当たるか否かを判断することはない。西ドイツと東ドイツの統合後のことであるから、この追悼のあり方は戦勝国であるアメリカやイギリスなどに押し付けられたのではなく、ドイツの国民と彼らが択んだ政治家たちが歴史の反省に立って生み出したものなのだ。いかにもヨーロッパ的な良心の現われだが、わたしは日本もこれに倣うべきだと言うつもりはない。
ノイエ・ヴァッヘが靖国神社と異なる点は何か。第一に、追悼する対象が「戦争と暴力支配」によって「罪なくして犠牲になった者」のすべてで、「罪ある加害者」を含まないということである。第二に、死者の尊厳を護る意味から、個別具体的な特定の故人について追悼対象に当たるか否かを判断しないこと。そして最も重要なことは、「戦争と暴力支配」を行なった自分じしんについて反省する場所となっていることだ。

「靖国神社」とは何か
〜政府や朝廷のために戦った者だけを祀る〜

靖国神社は平和を祈ったり、不戦を誓ったりするような場所ではない。政府や朝廷のために戦って命を落とした軍人を祀ることを目的としているからである。もともと靖国神社は、維新の戦争で斃れた志士などの霊を慰めるために1869年(明治二年)に建てられた東京招魂社が前身である。第二次世界大戦の敗戦まで、この神社は陸軍と海軍が共同管理していた。ことに徴兵制度が出来て以降は、死ねば靖国神社に祀られる「名誉」が与えられることとなった。戦死すれば神になる、だから戦って国のために死んで来い、というわけである。
政府や朝廷のために戦った者だけを祀るということは、侵略戦争によって虐殺されたアジアの人びとには思いが至らないということであるし、その戦争に行かされ命を落とした兵士の無念さにも思いが及ばないということである。ことに植民地となっていた朝鮮半島では、1938年に朝鮮総督府が「靖国神社臨時大祭に際し全国民が黙祷し戦没軍人の慰霊」をすることを朝鮮半島の人びとに求めている。「日本人」として、「国」(日本)のために戦った戦死者を慰霊することが、半ば強制されていたのだ。靖国神社に参拝するという行為には、このような歴史への反省が欠けている。
安倍晋三もさすがにそのことに気づいてか、「鎮霊社」にも参拝して、「全ての戦争において命を落とされた人々のために手を合わせてご冥福をお祈りし、そして二度と再び戦争の惨禍によって人々の苦しむことのない時代を作る、その決意を込めて不戦の誓いを」したのだそうである。「鎮霊社」は、1965年(昭和40年)に靖国神社の境内に建立された社で、たしかに靖国神社に祀られていない「朝敵」も祀られていたが、本殿に合祀されるまでA級戦犯はここに祀られていた。靖国神社に参拝している人びとにもほとんど知られていないだけではなく、2006年まで一般には公開されていなかった。とても「靖国神社に祭られていない全ての戦場に倒れた人々、日本人たちだけではなくて諸外国の人々も含めて、全ての戦場で倒れた人々の慰霊のためのお社」などと言うことは出来ない。
安倍晋三が言い訳のように鎮霊社に立ち寄らざるを得なかったほど、靖国神社の祀る戦歿者には偏りがある。たとえば、靖国神社に祀られた維新の死者は朝廷方の兵のみで、幕府方や奥羽越列藩同盟の兵は含まれない。あの西郷隆盛ですら、西南戦争で明治政府に叛旗を翻したという理由で、ここには祀られていない。ずっとあとになって付け足しのように鎮霊社に祀られただけである。

御霊信仰
〜戦に敗れ非業の死をとげた者を祀る〜

この国では、ありとあらゆるものに霊魂が宿っていると信じられてきた。人の魂も、身体から遊離し、死後も残ってさまざまなものに依りつく。どんな霊魂も、荒ぶる荒御魂(あらみたま)と、恵みをもたらす和御魂(にぎみたま)という、二つの相反する性格が顕れる。ことに争いや戦に敗れ恨みを残して非業の死をとげた者の霊すなわち怨霊は、疫病や天変地異を起こしてこの世に災いをもたらす。そこで、このような御霊を畏れ敬って祀り、その荒ぶる魂を鎮めることで、社会は逆にこの御霊の加護を受けることが出来るだろう。これを御霊(ごりょう)信仰と謂う。日本の民俗信仰である。
たとえば、菅原道真を祀る「天満宮」は、御霊信仰の代表的な一例であろう。讒訴によって大宰府に流され、彼の地で亡くなった道真の歿後、京の都には天変地異が多く、道真の怨霊の祟りだと信じられるようになった。そこで、京の北野に天満宮を建立して祀り、その荒ぶる霊を鎮めようとした。やがて、道真は学問の神として敬われるようになる。
また、中世のころ、平将門を葬った塚の辺りで流行り病が広まるようになり、これを人びとが将門の祟りと畏れたため、時宗の遊行僧・真教が将門を供養して祀った。これが神田明神である。明治になって、逆臣を祀るとは何事だということになって、ここに将門が祀られていることは、ながらく忘れ去られることになる。
あるいは、木曽義仲に討たれて斃れた斎藤実盛は、稲を食い荒らす稲虫(ウンカ)になったとの言い伝えが各地にある。そこで「実盛人形」と呼ばれる藁人形をつくり、笛太鼓で囃しながら村はずれまで送り、火をつけて燃やし、または川に流す。実盛の怨霊は凶作をもたらす害虫であるが、これを祀って異界へ送れば豊作がもたらされるのだ、と信じられてきた。
このように、争いや戦に敗れ非業の死をとげた者の霊を供養して鎮め・神として祀ることは、この国の伝統的な民俗信仰である。逆に、靖国神社のように、政府や朝廷のために戦った者だけを祀る、それも一人ひとりについて合祀の判断をするなどということは、この国の伝統的な習俗のなかにはない。

他者を不快にさせる理由
〜「歴史」も「伝統」も学ばない人びと〜

こういう理由なので、靖国神社は、平和を祈念したり・不戦の誓いをする場所ではない。「侵略戦争と暴力支配」によって「罪なくして犠牲になった者」が追悼されておらず、「罪ある加害者」(戦勝国による裁判で「戦争犯罪人」として処刑された人という意味ではない。そのなかには植民地から徴用された軍属も含まれているが、このような人びとは「加害者」とは言えないだろう)が祀られている様な場所で、つまり侵略戦争に対する反省を欠いて、どのようにして平和を祈念したり・不戦の誓いをすることができるのか。そればかりではなく、政府や朝廷のために戦った者だけを祀る特殊な神社が、日本の伝統的な信仰に基づくとも言えない。このような神社に参拝することで、「侵略戦争と暴力支配」によって「罪なくして犠牲になった者」が再び傷つくことは、容易に想像できることだ。ようするに、想像力の欠如した連中が、高々明治近代がつくりあげたものに過ぎない神社を、「伝統」であるかのように声高に叫んで、他国を不快にさせているだけなのだ。

| 斎藤 博之 | [日誌] | 20:49 | trackbacks(0) | comments(0) |
スポンサーサイト
sequel
| スポンサードリンク | - | 20:49 | - | - |
trackback
http://hsaitoh.jugem.jp/trackback/181
comments










+ CONTENTS of THIS WEBLOG
+ PROFILE of SAITOH
+ OTHER WEBSITE written by SAITOH
+ SAITOH'S DIARY

(1)
斎藤博之のTwitter
斎藤博之のTwitter

    follow me on Twitter

    (2)
    ライター斎藤博之の取材日記
    ライター斎藤博之の取材日記
    (ライター斎藤博之が日々取材で出会った食べ物や祭り・風景を紹介する日記。
     Twitter開設以前に作っていたもので、現在は更新していません)

    + FORUM
    ライター斎藤博之のフォーラム (記事内容に関連した討論や、質問を受け付ける掲示板)
    + MESSAGE FORM
    + COPYRIGHTS
    著作権は、斎藤博之にあります。文章の引用は自由ですが、著作権法の定めるところに従ってください。ウェブ上で引用する際も、出典を明示したうえで、トラックバックするか、著者に連絡してください。当然のことながら、著作権を侵害していると認められるものについては、法的な対抗手段をとることがあります。
    + selected entries
    + recent trackback
    + recent comments
    • 恐山信仰とイタコについてのQ&A
      斎藤 博之 (03/27)
    • 恐山信仰とイタコについてのQ&A
      田中 修 (03/17)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      Botox (12/26)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      高橋靖司 (07/17)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      タコ (06/12)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      KAZU (06/01)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      斎藤 博之 (05/22)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      ana (05/22)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      斎藤 博之 (05/21)
    • 原発の事故による健康被害について〜美味しんぼ 福島の真実
      斎藤 博之 (05/21)
    + archives
    + LINKS

    雁屋哲の美味しんぼ日記
    (雁屋哲さんの公式ホームページです)

    美味しんぼ塾ストーリーブログ
    (『美味しんぼ』全巻のあらすじを検索)

    企画集団ぷりずむ
    (雑誌にラーメン特集などを執筆しました)

    グラフ青森
    (雑誌に民俗芸能・地酒などの連載をしました)

    まるごと青森
    (青森県の観光担当職員たちで作るブログです)

    恐山あれこれ日記
    (恐山菩提寺の院代・南さんの日記です)

    山の楽校「焼き畑日記」
    (八戸市南郷区で焼畑を復活しました)

    トキワ養鶏
    (耕畜連携の循環型農業に取り組んでいます)

    レストラン山崎
    (弘前のスローフードの仲間です)

    洋望荘
    (八戸の自然食・スローライフの宿です)

    仙台ラーメン金太郎
    (コンセプトと食材を担当しました)

    仙台屋
    (食材と地酒を集めました)

    深浦の食べ物屋セーリング
    (深浦の正直な食べ物屋さんです)

    青森県のラーメン・旅の宿と温泉
    (T.KENさんのホームページ)

    あおもりラーメン協会
    (あおもりラーメン協会の公式サイト)

    新井由己の仕事帖
    (地域のおでんやハンバーガーなどについて
     食文化として研究しておられます)

    わ的には 「北の国」のチョット南から
    (青森などを歴史も交えて探訪する
     ぴかりんさんのカナリ楽しいページです)

    大川平の荒馬
    (「大川平の荒馬」のホームページです)

    べんべのけやぐ
    (「大川平の荒馬」のメンバーです)

    じっくり・ゆっくり・2
    (「大川平の荒馬」のひろさんです)

    我、旅の求道者也
    (「大川平の荒馬」で知り合いました)

    下田ゆうじの津軽お祭道中
    (懇意にしている鳥井野獅子踊りの若手後継者、
     下田ゆうじさんが津軽の民俗文化を語る)

    小竹勇生山の瞽女宿
    (津軽三味線と越後瞽女を取材しました)

    津軽の侫武多
    (斎藤の作ったネブタ分布データを共有)

    阿部かなえの二胡のページ
    (北東北初の二胡の教室を開いた方です)

    憩いの森メーリングリスト
    (東北の魅力に触れるメーリングリスト)

    くぼた屋ウェブログ
    (岩手県滝沢村とゲームについての話題)

    土徳の世界
    (映像作家・青原さとしさんの公式サイト)

    藝州かやぶき紀行
    (広島の萱葺き職人を追うドキュメント)

    よたよたあひる's HOMEPAGE
    (ちょっとオタクな友人です)


    にほんブログ村
    このウェブログは、「にほんブログ村」に参加しています。

    + RSS
    + RECOMMEND
    美味しんぼ 108 (ビッグ コミックス)
    美味しんぼ 108 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
    雁屋 哲,花咲 アキラ
    「美味しんぼ」が、東日本大震災の被災地のうち、八戸(青森県)から石巻(宮城県)までの三陸地方を訪ねた。津波は、あらゆるものを流し去ってしまったけれど、清らかな海を護ろうとしていた重茂(岩手県宮古市)や唐桑(宮城県気仙沼市)には、生き物も還ってきた。陸前高田(岩手県)の醤油屋さんは、市民ファンドの援けも得て、新たな一歩を踏み出そうとしている。まっとうな食べ物を作っていた生産者たちは、どのように復興に取り組もうとしているのか。豊かな自然と、温かな絆をもったこの東北に、ほんとうの幸せがあったのではないか。わたくし斎藤博之が案内します。
    + RECOMMEND
    美味しんぼ 100 (100) (ビッグコミックス)
    美味しんぼ 100 (100) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
    雁屋 哲
    わたくし斎藤博之が案内人として登場する『美味しんぼ』の「日本全県味巡り 青森県編」。三方を海に囲まれ、ブナやヒバの森に抱かれた青森県は、海と山の豊かな恵みを受けているばかりではなく、醗酵・粉食・天日干し・寒干しなど、食べ物を保存し・しかも美味しくいただく知恵を、幾百年の年月をかけて蓄積してきた。また、北前船で伝わった文化と北方の民俗が交叉し、旧い日本の食文化の基層を留めてもいる。
    + RECOMMEND
    日常生活のなかの禅―修行のすすめ
    日常生活のなかの禅―修行のすすめ (JUGEMレビュー »)
    南 直哉
    恐山菩提寺の院代・南直哉師は、曹洞宗大本山永平寺で長く修行され、曹洞宗を代表する論僧である。
    この著作は、「私」という存在の根拠への問いから始まり、他者との関係のなかに「生」を見出し、もう一度自己を再構築するための「禅」を説く。
    大乗仏教の根本思想を、恐山の禅僧が語る。
    + RECOMMEND
    「問い」から始まる仏教―「私」を探る自己との対話
    「問い」から始まる仏教―「私」を探る自己との対話 (JUGEMレビュー »)
    南 直哉
    恐山菩提寺の院代・南直哉師は、曹洞宗大本山永平寺で長く修行され、曹洞宗を代表する論僧である。
    この著作は、「私」という存在の根拠への問いから始まり、他者との関係のなかに「生」を見出し、もう一度自己を再構築するための「禅」を説く。
    大乗仏教の根本思想を、恐山の禅僧が語る。


    + sponsored links